<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
コスメの美肌効果
コスメの美肌効果を試してレポートするブログにしようと思っています。がんばるぞ!!
<< 「米ぬか繊維」は足のガサガサの救世主だった | main | 日中の“よどみ見え”予防にピタリな、「つや出し美容液&バーム」おすすめ5選 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - |
    アルコールは脳に悪い?それでもお酒は飲んでいいと思う --- 黒坂 岳央
    0
      こんにちは!肥後庵の黒坂です。

      「最近、お酒は体にいいとか、悪いとか色んな話を見かけるけど結局どっちなんだ!?」そんな疑問をお持ちではないでしょうか?「酒は百薬の長」「酒に十の徳あり」ということわざが昔からあります。「アルコールは適量をキープできるなら体にいいのだが、飲みすぎると毒になる」なんて言われてきて、それが正しい情報だと長らく信じられてきました。

      ですが、そんなお酒の健康効果に冷水を浴びせるような話がイギリス・スタンフォード大学の発表した研究結果によってもたらされました。彼らは「お酒は少量でも脳に影響がある」と主張しています。

      ※研究結果は次のURL先に詳細が掲載されています(英語)。

      “Moderate alcohol consumption as risk factor for adverse brain outcomes and cognitive decline: longitudinal cohort study. BMJ(http://www.bmj.com/content/357/bmj.j2353)”

      これは「お酒=毒」といっているのと同じであり、私を含めてお酒好きの人には耳が痛い話ですよね?ですが私は「それでもお酒は大いに飲むべき」と心から思います。なぜ脳に悪いと言われてしまったのに飲むべきだと考えるのか?今回はそんなお話をしたいと思います。
      (この記事は社会(アゴラ)から引用させて頂きました)

      のむコンニャクで簡単エイジングケア「のむ蒟蒻セラミドDe」





      - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        - | permalink | - | - | - |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://cosmebihada.jugem.jp/trackback/1551
        この記事に対するトラックバック